NLPについて知りたい、学びたい人のためのNLP総合ポータルサイト

NLP学び方ガイド(NLPとは)|資格セミナー総合情報サイト|協会 公式

> > サブモダリティー

NLP用語集

サブモダリティー

人は外界を五感を通じて認識する際、視覚、聴覚、体感覚などで感じた
様々な構成要素を組み合わして記憶しています。これらの構成要素のことを、
NLPではサブモダリティー(従属要素)といいます。


視覚のサブモダリティー...色、形、明るさ、彩度、動き、距離、位置
聴覚のサブモダリティー...音の大きさ、音程、音のスピード、リズム、音の聞こえる位置
感覚のサブモダリティー...温度、湿度、感触、重さ、圧力


何か楽しかった記憶を思い出してみてください。
音や映像、明るさ、温かさなどのサブモダリティーが
浮かんできたのではないでしょうか。

私たちの記憶はサブモダリティとセットになって記憶されています。


このサブモダリティを変化させることで、過去の記憶の印象を変化させ、
過去の記憶から受ける影響を変えることができます。

例えば、過去の怖かった体験を思い出してみましょう。

次に、過去の体験のサブモダリティを変化させます。
大きさを小さくしたり、近くから遠くへと移動させたり、
カラーの映像は白黒に、大きな音は小さな音へ変化させてみましょう。


いかがででしょうか?
過去の怖かった体験に対する印象が、変化しているのではないでしょうか。

記憶に付随しているサブモダリティーを変化させることで、
記憶に対する印象や反応を変化させることができます。


詳しくは、NLP (神経言語プログラミング)ワーク
サブモダリティー・チェンジで説明しています。