NLPについて知りたい、学びたい人のためのNLP総合ポータルサイト

NLP学び方ガイド(NLPとは)|資格セミナー総合情報サイト|協会 公式

> > バックトラッキング

NLP用語集

バックトラッキング

バックトラッキングとは、相手の言ったことを返すことを指し、
日本語では「オウム返し」と言われています。

相手の使った言葉や表現をできるだけ使う必要はありますが、
相手の話した言葉すべてを同じように返す必要はありません。

バックトラッキングには、3つの方法があります。


1.相手の話した「事実」を返す。
2.相手の話した「感情」を返す。
3.相手の話を要約して返す。


相手の話している事実を反復して返すという方法が一般的ですが、
話しの中で相手が自分の感情を表す言葉を発した際、
例えば「悔しかったんですね」など、相手の感情表現を返すと
相手とのラポールはより築きやすくなります。

また、話しが長くなった場合は、じっくり話を聞いた後、
話がひと段落ついた時に、話の内容を要約して返してもいいでしょう。


バックトラッキングを行うと、
相手は自分の話がよく理解され、受け入れられているという感覚を持ちます。
相手とラポールを築く際に大変有効なテクニックの一つです。


ミラーリングとページングと併用すると、さらに効果的でしょう。