NLPについて知りたい、学びたい人のためのNLP総合ポータルサイト

NLP学び方ガイド(NLPとは)|資格セミナー総合情報サイト|協会 公式

> > コミュニケーション

NLP用語集

コミュニケーション

あなたは、どのような時にコミュニケーションが
うまくいかなったと考えますか?


「相手がこちらの話を理解してくれなかった。」
「相手の本音を聞きだすことができなかった。」
「希望する方向で同意してもらえなかった。」


など、自分があらかじめ期待していたものが手に入らなかった場合に、
コミュニケーションが失敗したと感じるかもしれません。


NLP (神経言語プログラミング)では、相手の反応が予期したものでない場合、
それは失敗ではなく、フィードバックにすぎないと考えます。

NLP (神経言語プログラミング)の前提の中で、
「相手の反応がコミュニケーションの成果である」
という考え方があります。


コミュニケーションは「反応」にこそ、意味があります。
期待している反応が得られなかった場合は、その反応を受けて、
自分の発する言葉や態度を変えることができると考えます。


例えば、相手に意図する内容が伝わらなかったとき、
「相手の理解力が足りない」などと相手にコミュニケーションの
責任を押し付けることがあります。


しかしNLP (神経言語プログラミング)では、
それは相手の責任ではなく、相手に受け取ってもらえるような
表現・態度をしなかった自分の方に責任があると考えます。

NLP (神経言語プログラミング)では、コミュニケーションに自ら責任を持ち、
相手を尊重しながら自らを変化させ働きかけていくことを大切だと考え、
そのためにどのように自らを変化させていくかを提案しています。


その代表的なものが、ラポールテクニックや、
代表システム(VAKモデル)という考え方です。

ラポールテクニックを用いれば、相手と早く打ちとけることができ、
相手の本音を聞き出すことができます。

代表システムの考え方を基に、相手が視覚優位か聴覚優位か、
あるいは身体感覚が優位かを判断し、それに合わせて表現を変えることで、
相手にこちらの意図する内容をスムーズに伝えることができます。


NLP (神経言語プログラミング)の知識を持ってコミュニケーションを行うと、
スムーズに意思の疎通ができるだけでなく、相手の協力を得ることが容易になり、
周りの人々はあなたに魅了され大切な人として扱うようになります。

NLP (神経言語プログラミング)を学びコミュニケーションスキルが上がると、
あなたの収入、社会的地位、夫婦関係、友人関係、人間関係などで、
今までにない満足感や幸福感を味わうことができるようになるでしょう。


さらにNLP (神経言語プログラミング)では、
自分自身とのコミュニケーションスキルも高めることができます。

あなたは普段、自分自身とコミュニケーションしていますか?
あなたは、自分が何に幸せを感じ、どのような人生を生きたいと考えているか、答えられますか?
そして、あなたの理想の人生を歩むためにどのような行動を行えばよいか、理解していますか?


このように、自分の人生の対する質問を日常的に行っている人は多くありません。
しかし、幸福感や満足感を感じる人生を生きている人は、
このような質問を日常的に行っています。


コミュニケーションスキルを高めることは、人生の質を高めることにつながります。
あなたもコミュニケーションスキルを高め、理想的な人生へと変えてみませんか?