NLPについて知りたい、学びたい人のためのNLP総合ポータルサイト

NLP学び方ガイド(NLPとは)|資格セミナー総合情報サイト|協会 公式

> > 代表システム

NLP用語集

代表システム

私たちは、視覚(Visual)、聴覚(Auditory)、触覚(kinesthetic)、
嗅覚(Olfactory)、味覚(Gutatory)の五感を通じて外界の情報を
認識・記憶し、他者とコミュニケーションをしています。


NLP (神経言語プログラミング)ではこれらの五感を代表システムと呼んでいます。


これらの五感は大きく分けると、
視覚、聴覚、体感覚(触覚、嗅覚、味覚)の3つに区分され、
それぞれの頭文字をとって「VAKモデル」と呼ばれています。

人がどの代表システムを中心に使用しているかを知るには、
相手の目の動きや、使う言葉、手の動きなどを観察することで見分けることができます。


例えば、

視覚(Visual)優位の方の特徴は、
視線が上方に向く傾向があり、「話が見えない」「~のように見える」など
視覚にまつわる表現を用い、手で頭の中にあるイメージを描こうとする傾向があります。

聴覚(Auditory)優位の方の特徴は、
目を左右によく動かす傾向があり、「あの人とはリズムが合わない」
「~のように聞こえる」など聴覚にまつわる表現を用いる傾向があります。

身体感覚(kinesthetic)優位の方の特徴は、
目を下方に動かす傾向があり、「鳥肌が立つような感じ」「~と感じられる」など
身体感覚にまつわる表現を用い、体の感覚を手で表現しようとする傾向があります。


相手の言葉や目や手の動きやに注目することで、
相手がどの代表システムを中心に使っているかを知ることができます。
それにより相手の代表システムに合わせて表現に変え、
相手と円滑なコミュニケーションをとることが可能になります。


NLP (神経言語プログラミング)がコミュニケーションにおいて
高い評価を得ている理由の一つは、
この代表システムに基づくコミュニケーションテクニックにあると言えます。