仕事の人間関係で悩むあなたへ。根本的な原因と対処法を徹底解説!

仕事の人間関係で悩むあなたへ。根本的な原因と対処法を徹底解説!

仕事において人間関係で悩んだことが、
誰しも一度はあるのではないでしょうか?

「上司の言うことが理不尽ばかり」

「同僚と馬が合わない」

「部下がなかなか言うことを聞かない」

「取引先の方と長い関係が築けない」

など上司や部下、同僚のことで
ストレスを感じたり、

社外の方とのやりとりの中で
悩むことがあるかもしれません。

これは、決してあなただけが
抱えている悩みではなく、

多くの方が仕事において
社内外含め人間関係で
悩みを抱えていらっしゃいます。

この記事では、
仕事における人間関係で悩む方へ
その原因や対処法について
ご紹介していきます。

あなたの仕事のお役に立てる情報が
あるかもしれませんので
ぜひ最後まで読み進めてみてください。

1.仕事における人間関係は2種類ある

人間関係

仕事は人生の3分の1以上を占めるものと言われています。

この仕事において日々頭を悩ませている方も多くいらっしゃることかと思います。

仕事における悩みには、

  • 給与が低い
  • 人間関係がうまくいかない
  • 休みが少ない
  • 仕事内容が合わない
  • 将来性がない

などさまざまなものが挙げられます。

その中でも厚生労働省の「労働者調査」によると仕事におけるストレスとして、約38%の人が「人間関係」と回答しています。

仕事をしていく上で、人と関わりを持つことは外せません。

ただ、仕事の人間関係と一概に言っても、悩みを持つ相手は、会社における立場や年齢によってさまざまだと思います。

そこで仕事の人間関係を大きく分けると、次の2種類があげられます。

1-1.仕事の人間関係①上司・部下・同僚【社内の関係】

仕事の人間関係

まずは、仕事での人間関係には、毎日顔をあわせる【社内】の人間関係があります。

  • 上司が可愛がってくれない
  • 部下が指示したことを素直に実行しない
  • 同僚に嫌な人がいる

などなど、悩みをあげだすとキリがありませんが、この社内での人間関係で辛い思いや大変な思いをしている方も多くいらっしゃることだと思います。

上司・部下・同僚など社内の人間関係が悪い場合の最大の難点は、仕事を進める上で、ほぼ毎日必ず、コミュニケーションをとる必要があるということです。

職種や働き方によっては、極力関わりを持たずに過ごすことも可能かもしれませんが、ほとんどの場合、社内でのコミュニケーションは必要不可欠です。
ここがうまくいかないと、毎日の仕事が辛く、仕事にいきたくないと感じてしまいます。

1-2.仕事の人間関係②取引先・得意先【社外の関係】

取引先・得意先

そして、もう一つ仕事の人間関係として、【社外】の方との人間関係があります。

例えば、取引先との関係や得意先との関係など、利害関係の生じる対外的な関係性のことです。

この関係性においては、
上手な立ち振る舞いが非常に重要で、かつ必須のスキルになります。

社外の方との人間関係は、言い換えるとお金でつながっている関係とも言えるので、仕事の発注をもらえるかもらえないかで、人間関係が切れることもあったり、逆に関係性が長く続き、仕事を通じて本当に友達のような、信頼のできる人が見つかるケースもあります。

ですので、人間関係が豊かになるかはたまた、面倒なことがたくさん起こって大変な状況になるかは、周りにいる人の環境と自分の存在感にも影響してきます。

社内外問わず、仕事の人間関係でものすごく人間関係で苦労されている方は、ひょっとしたら転職をしないととてもしんどいという人もいらっしゃるかもしれませんし、中にはそこまででもないけど辛いという方もいらっしゃると思います。

2章では私たちが人間関係に悩む根本的な原因について触れていきます。

2.あなたが人間関係で悩む根本的な原因とは?

仕事だけに限らず人間関係は、生きていく上で欠かせないものです。

では、なぜ私たちは人間関係で悩むのでしょうか。

ここからは、その根本的な原因について解説していきます。

2-1.出来事の受け取り方が人それぞれ違う

出来事の受け取り方が人それぞれ違う

人間関係で悩む根本的な原因として、人それぞれの出来事に対する受け取り方が違うことが考えられます。

例えば、
冬に雪が降ったとします。

雪が降った
→雪だるまをつくれる
 →楽しい、嬉しい
  →プラスの感情

雪が降った
→雪かきをしないと
 →疲れる、めんどくさい
  →マイナスの感情

同じ出来事が起きたとしても人それぞれで感じる感情が異なります。

私自身、子供の頃は、雪が降るとワクワクした気持ちになりましたが、雪が降るということを何度か経験するうちに雪が降ると寒く、通勤もしづらいので、どちらかというとマイナスな感情を抱くようになりました。

また、雪が多く降る地域に住んでいる方と、稀にしか雪が降らない地域に住んでいる人とでも感じ方は異なってくると思います。

このように人は、自分の経験してきたことや自分がいる環境によって出来事に対する受け取り方が違います。

これは人間関係にも当てはまることです。
自分が当たり前だと思っていることが相手にとって当たり前ではないことがあります。

そうして、コミュニケーションにズレが生じ、

「あの人の言っていることは理解できない」
「いつも指示したことと違うことをしてくる」

と相手に負の感情を抱くようになってしまいます。

一度、そういった負の感情を相手に抱いてしまうとなかなかそれを払拭することは難しく、相手が何をしてもイライラするので、嫌な態度をとるといったように、負の循環が続いていき人間関係が悪化していきます。

では、コミュニケーションのずれが起こることについてもう少し詳しく解説していきます。

2-2.コミュニケーションのずれはこうして起こる

コミュニケーションのずれ

心理学NLPによると人は外部から情報を取り込み、自分のフィルターを通して削除・歪曲・一般化といった内部処理をします。

削除・一般化・歪曲とは

  • 削除・・・前提となる情報を省略する
  • 歪曲・・・自分の都合のいいように意味づけ・解釈を行う
  • 一般化・・・経験をパターン化して、すべてに当てはめる

【仕事における削除の例】

上司に相談や報告をする際に、主語を省略してしまう部下

〜日常の会話〜

部下:「今、うまくいっていなくて、こうしようと思うんですけど、どう思いますか?」

上司:「なんの件についての相談かな?」

(部下の気持ち):この人はいつも聞き返してきて、人の話を聞いない

(上司の気持ち):毎回、主語が省略されているから、話がスムーズに進まない

 ↓
「この人とは仕事をやりづらいな」とお互いに不満を感じる

【仕事における歪曲の例】

同僚の反応を自分の解釈で捉えてしまう

〜日常の出来事〜
他の営業所にいる同僚に仕事のことでメールを送る

なかなか返信が来ず、1日以上が経つ

あの同僚は私のことが嫌いだからメールを返してくれないんだ

【仕事における一般化の例】

「普通はこうするよね」と決めつける上司

〜日常の会話〜

上司「この仕事やっておいて。」
新入社員Aさん:「わかりました!」

Aさん:今日は他にもやることが多いから、それが終わってから取り掛かろう!
(仕事の優先順位がまだ不明確)

上司:いつまで経ってもAさんから完了の報告が来ない
(上司からの依頼なら普通は一番最初に取り掛かるでしょ)

イライラ

Aさん:上司から仕事が遅いと怒られる・早くやるべきなら先に言ってよ

イライラ

上記の例のように非常に膨大な量の情報の中から、人は自分の経験や環境に合わせて出来事を解釈したり、行動しているため、コミュニケーションがずれていきます。

人はそれぞれ生きてきた背景が違うので、意見が合わなかったり、価値観が合わなかったりすることは当然のことではありますが、人生の3分の1以上が仕事をしている時間なので、仕事での人間関係が快適かどうかということがいかに大事か容易に想像できると思います。

この仕組みを理解しているかいないかだけでも、人に抱く感情が変わってくる方もいらっしゃるとは思いますが、さらに人間関係をよりよくするために私からご提案があります。

3.人間関係をよりよくする方法

2章では、私たちが人間関係で悩む根本的な原因についてお話をしてきました。

コミュニケーションのずれがどのように生じていて、それが人間関係にどのように影響を及ぼしているのかなんとなく理解はできたと思います。

では、人間関係をより良くするために、どうすればいいのかについて私からいくつかご提案させていただきます。

3-1.丁寧に質問をする

丁寧に質問をする

まず、人間関係を楽にする方法として、丁寧に質問をすることがあります。

2章ではコミュニケーションがずれてしまう原因について説明をしましたが、相手の考えていることや指示されたことを、齟齬なく解釈するためには、適宜適切に質問をすることが大切です。

質問する時に最適なのが、メタモデルの質問です。

メタモデルとは、欠落された情報を明確にし、言葉によるコミュニケーションを完全にしようと試みる「質問のスキル」のことで、相手と認知の歪みを解消したり、思考パターンを変容させる方法としてこのメタモデルの質問は非常に有効です。

2章の同僚の反応を自分の解釈で
捉えてしまう例でお伝えすると、

【メールの返信が来ないと=嫌われている】
ということは正しいのか?

と投げかけます。

するとそこで思考が働き、

「もしかしたら、忙しかったのかもしれない」
「たまたま、見落としているのかもしれない」

と出来事を解釈し直すことができます。

このように、メタモデルの質問を上手使うことで正しい情報を知ることができます。

他にもメタモデルの質問として、以下の記事で紹介しているので、気になる方は一度覗いてみてください。

プロが活用する究極の質問スキル!NLPのメタモデルとは?

仕事の人間関係において、不明点があったり、不安なことがあればメタモデルの質問をしてみることで、コミュニケーションのズレが減り、快適に過ごすことができるようになるかもしれません。

ぜひ日常で試してみてくださいね。

3-2.相手に期待をしすぎない

期待をしすぎない

相手に期待をしすぎないということも、人間関係の悩みを楽にする一つの方法です。

日常生活においても家族や恋人などに、「こうしてくれるだろう」、「やっておいてくれるだろう」と相手に期待をしすぎてしまうことがありませんか?

そうして、それが自分の思った通りに進んでいないとイライラしたり、なんでこの人は自分のことを分かってくれないんだと怒りが湧いてくることがあるかもしれません。

私自身、学生の頃は、母親に対してよく「なんでこれをしておいてくれないの!!」と怒りの感情を抱くことがありました。

今思うと、自分でも理不尽な要望を多くしていたと感じます。

ここから言えることとしては、15年以上も一緒に生活をしている母親に対してでさえ、こういった感情を抱いたり、完全な意思疎通が難しいのですから、仕事を一緒にする他人と意思疎通をすることはもっと難しいはずです。

ですので、相手に期待しすぎるのではなく、「やってくれたらラッキーだな」くらいの感覚を持つと、気持ちが楽になり、今まで以上に相手を許容することができるようになるかもしれません。

3-3.相手を知る努力をする

相手を知る

人間関係において相手を知る努力をすることも非常に大切な要素の一つです。

  • 相手は何をしたら喜ぶか、仕事が楽になるか
  • 今どんなことに興味を持っているのか
  • どんな価値観や考え方を大切にしているか

など相手が嬉しいと感じることや興味を持っていること、どんなことを大切にしているかを知っていると、それを満たした時に、相手はあなたに快の感情を抱きます。

逆にいうと、あなた自身も自分がやろうとしていたことを先回りしてやってくれたり、自分が大切にしているものを相手も同じように大切にしてくれたとしたら、どう感じるでしょうか?

嬉しさを感じたり、自分も同じことをしたいと思うのではないでしょうか。

自分のことを理解しようと努力をしてくれている人に対して、人は心を開きやすくなるので、相手のことを知る努力をしてみるましょう。

そのなかで、この人にもこういった一面があったんだと、相手のことをより好きになる出来事があるかもしれません。

4.【社外編】人間関係をよりよくする方法

人間関係をよりよくする方法

社外の人間関係において、とても大事するべき言葉があります。

それは、『親しき中にも礼儀あり』です。

1章でもお伝えした通り、取引先や得意先の方との人間関係は、仕事だけで関係が終わってしまうケースもあれば、長いお付き合いになると仕事を超えた関係性になっていくケースもあります。

仲良くしてもらえたからと言ってそこに甘えてすぎてしまうと、親しき中にも礼儀ありで人間関係が一気に壊れてしまうこともあります。

ですので、社外における人間関係は、
節度をわきまえつつ、接することが大切です。

  • 挨拶やお礼はどんな時でも初対面のつもりで丁寧に行う
  • 時間を守る(5分前は当たり前)
  • 言葉遣いが適切か(馴れ馴れしくしすぎない)

などなど親しい仲だからこそ、基本的なことをしっかりする必要があります。

確かに仕事だからとドライに取引が終わったら関係が終わるという悲しい場面もあると思いますが、関係が長く続くと、それが自分の人脈になっていくでしょう。

5.最後に

仕事の人間関係について悩んでしまうあなたへ

いかがだったでしょうか?

この記事では、仕事の人間関係について悩んでしまう根本的な原因とその対処方法についてご紹介しました。

仕事は人生において、
多くの時間を占めるものです。

そして、仕事・職場の人間関係は、仕事と割り切って仕事をする場でもあるが、一生の友達が見つかったりする場でもあります。

人間関係をより良いものにして、あなたの人生を豊かで、有意義なものにしていきましょう。

そして、この記事をご紹介している運営元は、NLP-JAPANラーニング・センターという、心理学NLPを学ぶことができるスクール運営をしている会社です。

心理学NLPのなかではセルフイメージを高める学びや、心の傷を癒やしていくこと、そしてコミュニケーションを高める学びがあり、

たくさんの経営者や社会人の方、お医者さんや弁護士さん、大学生の方など幅広い方が学んでいらっしゃいます。

もしご興味をお持ちの場合は、10万名以上の方がダウンロードしている無料レポートをご覧いただくか、毎回多くの方がご参加されている人気の体験講座がありますのでぜひご参加ください。

10万名以上の方がダウンロードされている無料レポートはこちらから。

人生とビジネスでステージを高める心理学NLPの秘密

心理学NLPの体験講座はこちらから。

NLP体験講座(東京・名古屋・大阪・福岡・オンラインで開催中)

参考サイト:社員のモチベーションを上げる5つの方法についてはこちら|
oneplus<経営をリードする識者に学ぶ>

すでに10720がダウンロードした
大人気の無料レポート
『人生とビジネスでステージを高める心理学NLPの秘密とは』

人生とビジネスをより豊かにする心理学NLP。

この無料レポートでは、心理学NLPを学ぶことで、
なぜ人生の結果が変わるのか?という疑問にお答えし、

さらに、ビジネスや人生の成功を
手に入れるために必要なNLPのスキルの中でも、
特に重要な6つのテクニックを公開しています。

  • ビジネスでより高い成果を上げたい!
  • コミュニケーション能力を上げたい!
  • 悩みや問題を解決したい!
  • 人間関係や仕事での問題を解決したい!
  • 自分のやりたいこと、人生の軸を明確にしたい!
  • 自分自身をもっと成長させたい!
  • トップセールスマンになりたい!
  • マネジメント能力を向上させたい!
  • 人間関係の失敗をなくしたい!

もしあなたが、上記のなかで
1つでも当てはまることがある場合は、
この無料レポートがきっとお役に立てることでしょう

今すぐ下記からダウンロードして、ご活用ください。

無料レポート