自己肯定感とは?高めるための方法10選

自己肯定感とは?

自分の「自己肯定感」を考えた時に、
どのようなイメージが思い浮かぶでしょうか。

「自分はポジティブだから、高いと思う!」
という人もいらっしゃれば、

「どちらかというと低いかもしれない…」
と思う方もいらっしゃるでしょう。

もしかしたら、
自分の自己肯定感が高いのか低いのか
判断しかねている方もいらっしゃるかもしれません。

そして、今自己肯定感が低い人は、
せっかくなら高くしていきたいですよね。

本記事では、
自己肯定感の高い人・低い人の特徴を
説明した上で、

自己肯定感を高めるためにできることを
10個ご紹介いたします。

1.自己肯定感とは

自己肯定感とは

自己肯定感とは、自分そのものを肯定できる感覚のことです。

自分自身の長所や好きなところだけでなく、短所や悪いところも全て含めてありのままの自分を受け入れ、認め尊重する感覚です。

自己肯定感が高いといいことがある一方で、低い状態が続くと悪影響になる場合もあります。

2.自己肯定感が高い人・低い人の特徴

自己肯定感が高い人・低い人の特徴

自分のパフォーマンスに関わる自己肯定感。

では、自己肯定感が高い人と低い人には、それぞれどのような特徴があるのでしょうか。

下記にそれぞれ紹介するので、自分がどちらに近い状態なのかチェックしてみてください。

2-1.自己肯定感が高い人の特徴

自己肯定感が高い人には、下記のような特徴があります。

・何事にも意欲高く取り組む

・自信がある

・失敗しても立ち直ることができる

・人間関係が豊か

・苦手なことに向き合うことができる

・打ち込んでいることがある

・何か成果を出している

・自分の軸を持っている主体的に行動できる

・自分軸を持っている

・自信がある

・何事も自分ごととして捉える

・失敗した後の立ち直りが早い

このような特徴があると、自分の身に起こることや行動を肯定的に捉えることができます。

仕事などでチャンスがあれば、すぐに気づいて、掴み取ることができるでしょう。

その結果、さらなる成長や成功に結びつけやすくなります。

2-2.自己肯定感が低い人の特徴

一方で、自己肯定感が低い人は下記のような特徴があります。

・取り組むことに対して消極的

・自分に自信がない

・落ち込んだら立ち直りにくい

・苦手なことに背を向ける

・結果が出にくい

・トラウマを抱えている

・承認欲求が強い

・他人に依存する

・軸がなく、他人と比較する

・トラウマを抱えている

・何事もネガティブに捉える

・承認欲求が強い

・自分に自信がない

このような特徴があると、ネガティブ思考が癖になってしまうため、

例えば仕事などでチャンスがあったときも、チャンスを察知できなかったり、「自分には無理だ」と決めつけて逃してしまう可能性があります。

その結果、成長や成功を実感しにくくなり、更にネガティブになるという悪循環を続けてしまうことになります。

3.自己肯定感を高めるためにできること10選

自己肯定感を高める方法

では、自己肯定感を高めるためにできることは、一体何でしょうか。

10個ご紹介いたします。

3-1.小さな成功体験を積み重ねる

一番取り組みやすいことは、小さな成功体験を積み重ねることでしょう。

簡単でいいのでなにか一つ取り組むことを決めて、それを達成します。そして、また次の目標を決めて、達成。これを繰り返します。

最初は1日や1週間といった、短いスパンで達成できるものを設定して、成功させることを繰り返すと、

「私は成功することができる」というポジティブな思い込みにつながり、自分に自信が持てるようになります。

そしてその自信が、自己肯定感を高める要因となるのです。

3-2.自信が持てるスキルを1つ磨く

小さな成功を積み重ねることに加えて、自信が持てるスキルを1つ見つけて、それを磨き続けることも自己肯定感を高めることにつながります。

今の仕事に役立つスキルや、これから身につけたいスキルを一つ決めて、そのスキルを徹底的に磨いていきます。

そして、どこでも戦えるレベルまで高めることで、自信につなげていきます。

磨いたスキルは一度身につけば一生なくならないものなので、一生の自信を手に入れることができる方法です。

3-3.自分の成長につながるような読書をする

今自分に足りていないことや、高めたいスキルなど、自分の成長につながる本を見つけて読書をすることもおすすめの方法です。

同じ分野の本をいくつか読んでいると、だんだん体系的な知識や方法論がわかってきます。

また、今まで読んだ本の冊数やページ数で目に見える努力の成果が実感でき、より自信や自己肯定感を高めることに繋がります。

3-4.自分を認めてくれる人・自信をつけてくれる人を見つける

今自分の周りに、自分を認めてくれる人、自信をつけてくれるような言葉をかけてくれる人がいれば、その人と一緒にいる時間を増やしてください。

もしまだ見つけられていなければ、そのような人を職場や趣味のコミュニティ、学生時代の友人などから見つけてみましょう。

他人から褒めてもらえたり、認めてもらえるような言葉をかけてもらうと、自分が大切にされていると思うことができ、それが自己肯定感を高めることにつながります。

もし余裕があれば、自分から他の方を褒めることも増やしてみてください。

3-5.自己肯定感が高い人と過ごす時間を増やす

可能であれば、身の回りの自己肯定感が高い人と過ごす時間を増やすこともおすすめです。

自己肯定感が高い人を間近で観察して、普段どのような言動をしているのか、どのような価値観や考え方を持っているのかを知り、それを自分にも取り入れます。

行動が変われば心が変わるとも言われているので、自己肯定感が高い人と同じ行動をすることで、自分の自己肯定感を高めることに繋がるでしょう。

自分が自己肯定感が低いほうだと考えている場合には、自己肯定感が高い人と過ごすことで、その人と比べて「自分はだめだ」と感じ、かえって自信が無くなる場合もあります。

 もし試してみたい方は、注意しながらお試しください。

3-6.同じことに取り組む仲間を見つける

今から学ぶことやスキル、取り組む仕事などで仲間を見つけると、落ち込んだり自信を失いそうになった時に励ましや支えになる存在となってくれるでしょう。

そのような、同志ともいえる仲間を見つけておくことで、自分だけでなく、その仲間も一緒に自己肯定感を高められるでしょう。

3-7.客観的な視点に立ってみる

「自分はだめだ」「自信がない」というのは、自分の視点のみでの考えです。

そこから一歩抜け出して、客観的に自分の行動や発言を見直してみます。

そうすると、主観的な考えから抜け出し、行動や発言といった、他人から見てわかることで自分を捉え直すことができるようになります。

もしかしたらだめだと思っている行動を本当に改善すべきかもしれませんし、思いの外悪くないかもしれません。

自分だけの考えではわからなかった、自分のいい行動や発言に気づくこともあります。

もし、自分ひとりの力で客観的な視点を持つことが難しい場合には、身の回りの人に意見を聞いてみて、客観的な視点を持つ練習をすることもできます。

3-8.自分の気持ちを書き出す

何か自分の中で自信がない要因となるような、モヤモヤした思いや考えがある場合には、それを紙に書き出してみましょう。

紙に書くということは、漠然としたモヤモヤを言語化することなので、書きながら頭の中が整理され、自信がない原因や解決策について考えられるようになります。

書き出す方法は文章の形式でもいいですし、
マインドマップなどの手法を使ってもいいでしょう。

また、日常的に日記をつけることで、日頃から自分の考え方や気持ちの変化を知っておくことも効果的です。

3-9.自分の意見を持つ

身の回りには、自分の意見がないまま見過ごしている出来事がたくさんあります。

なにか一つ、興味のある内容を見つけて、「自分だったらどうするか」「こうするのがいいと思う」という意見を考えてみます。

自分の意見がある内容が増えてくると、自分の考え方がわかり、だんだん自分軸が見えてくるでしょう。

自分の軸ができると、他人に流されすぎず自信をもって行動することに繋がります。

3-10.肯定的な言い方に変えてみる

もし口癖で「〇〇できない」「〇〇しない」という否定形を言う事が多い場合には、肯定的な言い方に変えられないか考えてみます。

例えば、

「時間がない」→「充実している」
「選べない」→「選択肢がたくさんある」

のような形です。

「〇〇ない」という否定形を多く使っていると、ないものばかりに考えを向けがちになりますが、

肯定形に変えて、あるもの・できるものに目を向けられるようになると肯定的な考え方に慣れ、そのうち自分を肯定できるようになっていきます。

以上、自己肯定感を高めるためにできることを10個ご紹介しました。どれか実行できそうなもの1つから実践するだけでも、変化につながるでしょう。

4.自己肯定感がなかなか高まらない方へ

自己肯定感を高める

本記事では、自己肯定感について、自己肯定感が高い人と低い人の特徴を踏まえて高めるためにできることをご紹介いたしました。

10個の方法のうち1つでもいいので、まずは始めてみることをおすすめいたします。

そして、自己肯定感を高めるためにできることを実践していてもなかなか改善がみられない場合には、

致命的なトラウマやネガティブな思い込みを解消する必要があるかもしれません。

このサイトを運営している、NLP-JAPANラーニング・センターというスクールでは、心理学NLPをご紹介していて、

経営者の方やビジネスパーソン、主婦、弁護士、医者、学校の先生、営業をされている方など、様々な方が学びにいらしています。

そして、当スクールのNLPの講座では、自分の行動を止めている思い込みやトラウマを特定し解消するためのヒントに加えて、

セルフイメージや自己肯定感を高めて目標に向かって進むための方法も学んでいただけます。

ご興味のある方は、既に100,720人以上の方がダウンロードしている無料レポートをご覧いただくか、

たくさんの方にご参加いただいている体験講座を運営しているので、よろしければご参加ください。

詳しくは、下記のリンクからご確認いただけます。

10万名以上の方がダウンロードされている、無料レポートはこちらから。

人生とビジネスでステージを高める心理学NLPの秘密

実践心理学NLPの体験講座はこちらからご覧ください。

NLP体験講座(東京・名古屋・大阪・福岡・オンラインで開催中)

すでに10720がダウンロードした
大人気の無料レポート
『人生とビジネスでステージを高める心理学NLPの秘密とは』

人生とビジネスをより豊かにする心理学NLP。

この無料レポートでは、心理学NLPを学ぶことで、
なぜ人生の結果が変わるのか?という疑問にお答えし、

さらに、ビジネスや人生の成功を
手に入れるために必要なNLPのスキルの中でも、
特に重要な6つのテクニックを公開しています。

  • ビジネスでより高い成果を上げたい!
  • コミュニケーション能力を上げたい!
  • 悩みや問題を解決したい!
  • 人間関係や仕事での問題を解決したい!
  • 自分のやりたいこと、人生の軸を明確にしたい!
  • 自分自身をもっと成長させたい!
  • トップセールスマンになりたい!
  • マネジメント能力を向上させたい!
  • 人間関係の失敗をなくしたい!

もしあなたが、上記のなかで
1つでも当てはまることがある場合は、
この無料レポートがきっとお役に立てることでしょう

今すぐ下記からダウンロードして、ご活用ください。

無料レポート