洞察力とは?洞察力のある人の特徴と高め方7選をご紹介!

洞察力

「あの人、仕事できるな」
と思ったことはありませんか?

同じことをしていても、
なぜか自分とは何か違うな、

と感じることを経験された方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

では、一体その差は何なのか。

今回は、仕事ができる人、
気遣いがよくできている人が身につけている
「洞察力」についてご紹介していきます。

1.洞察力とは

洞察力とは

洞察力とは、簡単にまとめると「物事の本質を見極める力」のことを指します。

洞察力があるとビジネス、プライベート関係なくどんな場面でも活躍することができます。

洞察力がある人の特徴とは一体何なのか?
また、どんなメリットがあるのか?

次の章で詳しく書いていきたいと思います。

2.洞察力を身につけるメリット

洞察力を身につけるメリット

2-1.課題・問題の解決力の向上

洞察力がある人は、ビジネスやプライベートにおいて様々な問題の解決策を考えることができます。

また、ただ解決するだけでなく問題の根本的な原因を突き止めることができるので、表面的な解決以上のことを提案できます。

深い部分での問題や課題を解決することができるので、特に会社では貴重な戦力になること間違いないでしょう。

2-2.新しいアイディア・発想力が高まる

洞察力が高い人は、新しいアイディアや発想を考えることにも優れています。

多くの情報をもっていたり、物事を多角的な視点でみたりするスキルが高いため、

今まで見えなかった気づきや誰もが思いつかなかったアイディアを思いつくことができます。

何か業務を改善する案を出す時や、新規の企画をする時などに役に立つでしょう。

2-3.コミュニケーションが円滑になる

洞察力がある人は、周囲をよく見ています。

そのため、相手の言動や行動から相手の望んでいることを、的確に読み取ることができるようになります。

例えば、洞察力が低いと上司がやってほしいと思っていることとは別のことをしてしまったり、こう動いてほしいなという期待とは裏腹なことをしてしまったりするという可能性が高いです。

このように、洞察力が高い人は自分が何をしたら、相手の期待を越えることができるのかを正確に汲み取ることができます。

相手の期待を超えるということは、相手とのコミュニケーションを上手く取る必要がでてくるので、コミュニケーション力がさらに高くなります。

2-4.リスク回避力の向上

洞察力が深い人は、その先のことを考えて行動しています。

これをしたらどうなるか、あるいはしなかったことで何が起こるかなどを、自分の中で予想することができるのでベストな行動をすることができます。

ただひたすらに前向きに行動するのも大事ですが、リスク回避力が低いと失敗ばかりになってしまうので、リスク回避はビジネスにおいて重要です。

2-5.思考力が深まる

洞察力が高い人は、物事を様々な視点からみるので考える力が深いです。

また、物事の本質を掴めているので、世の中から求められる人物になることができます。

ただ、表面的なことをみるのではなく、物事の背景まで考えるので思考力や相手を思いやる力が深まります。

3.洞察力がある人の特徴

洞察力がある人の特徴

ここでは、洞察力がある人の特徴についてみていきます。

3-1.情報収集力が高い

洞察力がある人はあらゆる情報や知識をもっています。

なぜなら、様々な情報や知識が頭にないと、物事を正確に捉えることができないからです。

そのため、色々な情報や知識を取り入れることをするので情報収集力が高いのです。

3-2.物事を理解する力が高い

様々な情報や知識があり柔軟な思考をもっているので物事を理解する力が高いです。

物事の理解力が高いということは、「本質を突いている」とも言えるので、

1番大事なことは何か、ここで外してはいけないことは何かをよく理解して行動していますし、

1の説明で10のことを把握できるので、常に先回りして周囲の期待以上のことを成し遂げることができます。

3-3.周囲をよく見ている

洞察力が高い人は、よく周囲を観察しています。

周囲をよく観察しているからこそ人のちょっとした変化に気づくことができたり、何かあった時に状況をすぐに掴むことができたりします。

例えば、他の人が何かトラブルにあった時。
自分は関係ないかもしれないが対策法などを聞いて把握しておけば、次自分が同じようなトラブルが起こっても、落ち着いて対応することができます。

このように活用できるので特にビジネスシーンでは、周囲と差をつけることができるチャンスのため身につけたいスキルですね。

3-4.思い込みがない

洞察力がある人は、情報や知識が豊富なので思い込みから何かを決めつけることをしません。

1つの情報から「どうせこうでしょ」…という風に結論を決めつけるのではなく、色々な可能性を考えます。

3-5.様々な視点から物事を考える

1つの情報から結論を出すのではなく、様々な視点から物事を考えます。

例えば、上司と上手くいっていない時に、一方的に上司が悪いんだと他責ばかりするのではなく、

自分の伝え方にも問題があったのではないか…など、相手の立場になって物事を考えることができます。

このように物事を多様な視点からみれると、自分の役割などを判断することができたり、

後輩に的確なアドバイスや指示を出すことができたりするので、仕事ができる人という印象を周囲に与えます。

相手の立場になって相手の気持ちや考えを
体験してみることをポジション・チェンジと言います。

ポジション・チェンジはこちら。

ポジション・チェンジ - NLP学び方ガイド

3-6.物事を予測して行動する

洞察力がある人は、現在の出来事から先のことまで考えて行動しています。

リスクを回避するためにも先に起こることを予想しながら行動するため、トラブルが起こったとしても柔軟に対応することができます。

物事をある程度予測しながら仕事をするため、リスク回避にも繋がっています。

3-7.判断能力が高い

洞察力が高い人は、何か問題が起こった時に問題の根本から原因を探るため、その場で情報を集めます。

その際に、ただ意味もなく情報を収集するのではなく、必要な情報なのか、不要なのかも判断しています。

そのため、現状を把握する力も高いですし、判断力も高い傾向にあります。

4.洞察力を高める方法

洞察力を高める方法

洞察力が高いとビジネス、プライベートに関係なく、実力の高い人になれることをご紹介してきました。

最後に洞察力を高める方法について見ていきたいと思います。

4-1.幅広い分野に興味を持つ

洞察力が高い人は様々な視点から物事を捉えるため、情報収集が欠かせません。

ですので、自分の苦手な分野でも情報を蓄えることが第一歩ですし、ささいなことでも疑問に思ったら調べて自分の知識としましょう。

そうすることで、今までは気づかなかったことにも気づくようになり、今までにない考え方ができるようになります。

4-2.様々な情報をインプットする

まずは、知識力を上げるために、色々な情報をインプットすることが大事です。

その際に様々なジャンルの勉強をすることをおすすめします。

自分の興味ある分野以外にもまんべんなく勉強して、知識や情報を取り入れることで、あなたの世界観がより広がり物事を色々な視点から考えることができるようになります。

インプットする方法としては、読書、YouTube、ニュースなど色々あります。

自分が欲しい情報や自分の学習しやすいものに合わせて、インプットするツールを使い分けましょう。

4-3.取り入れた情報をアウトプットする

先程は情報をインプットすることが大事だと書きました。

ただ、情報をインプットしただけでは意味がありません。

インプットした情報をアウトプットすることに意味があるのです。

例えば、営業スキルに関して本を読んだだけでは営業成績は上がりません。

営業スキルを上げるには、得た知識を実践することです。

このようにインプットすることに満足するのではなく、得た知識や情報をアウトプットして実践することが重要になってきます。

4-4.視点をフラットにする

物事を様々な角度から考えるにあたり、大事なことが主に2つあります。

物事や周囲の状況をよく観察すること。
相手の視点で自分はどうするのがいいのかを考えることです。

相手の状況をよく観察することで、自分がとるべき的確な行動を判断することができます。

また、視点をフラットにするということで心理学NLPでは、自分視点(第1ポジション)、相手視点(第2ポジション)、客観的な視点(第3ポジション)でそれぞれ考える、ポジション・チェンジというものがあります。

ポジション・チェンジでは相手の立場に立ち、こういうことをしてもらえたら嬉しいな、嫌だなということを体験します。

そして、それを客観的な視点でも考えます。

ポジション・チェンジをすることで相手のことを思いやることができ、先回りした行動や気遣いのある行動を取れるので、周囲に良い印象を与えつつ、スムーズにコミュニケーションをとることができます。

4-5.クリティカルシンキングを取り入れる

洞察力を高めるためには、自身の「先入観や思い込み」、「考え方の癖」を変える必要があります。

そこで役に立つのが「クリティカル・シンキング」です。

クリティカル・シンキングとは、簡単に言うと感情や主観に流されずに判断しようとする思考プロセスのことです。

目の前にある事象や情報を鵜呑みにせず、「それは本当に正しいのか」と批判的な疑問を持ち、じっくり考察した上で結論を出す思考法です。

この思考法を鍛えることで、単に大丈夫でしょという気持ちで済ませることなく、根拠を持った考え方をすることができるようになります。

4-6.思考を深める

クリティカル・シンキングをすることによって
物事の捉え方が変化し、深く考えることができるようになります。

思考力が深まることで、自分に求められていることを正しく理解して行動できるので、仕事においても「え?」と思われることがなくなっていくでしょう。

そして、仕事だけでなく人生も充実していくでしょう。

4-7.先のことまで予想する

洞察力を高めるために、先のことまで予想して行動することは重要です。

目先のことしか考えていないと、想定外のトラブルが起こった時に上手く対処できないかもしれません。

もしものトラブルを想定していたら、落ち着いて的確に対処することができます。

ですので、先回りして行動することやもしものトラブルの対応を事前に予想することで落ち着いて対応することができます。

5.まとめ

まとめ

ここまで洞察力を身につけるメリットと高め方についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

AIがものすごいスピードで発展していく今の時代を生きている私たちは、今後も生きていく上で自分自身を高めなければいけません。

さもないと、あっという間に時代に飲み込まれてしまうでしょう。

AIの時代に負けないためにも「洞察力」ないしは「本質を掴む力」を鍛える、身につけることに意味があります。

今回ご紹介した「洞察力」は簡単に身につくスキルではありません。

一歩一歩着実にこなして仕事ができる人、気遣いができる人を目指していきましょう。

このNLP NOTEを運営しているNLP-JAPAN ラーニング・センターは、心理学NLPを学ぶことができるスクール運営を行っています。

経営者や管理職など仕事ができる方々がたくさん学びにお越しいただいております。

心理学NLPとは、別名「脳と心の取扱説明書」とも呼ばれており、誰もが仕事と人生で成功するための手法を学ぶことができます。

  • セルフイメージの向上
  • 自分のミッション(使命)の探求
  • 目標達成、問題解決のスキルの習得
  • コミュニケーション力の向上

NLPを学んでいただくとこれらのスキルを習得でき、人生が変化することを体験できます。

もし、ここまでご覧いただきご興味がありましたら、無料レポートをダウンロードしてみたり、体験講座へご参加してみたりすることから 始めてみるのはいかがですか?

10万名以上の方がダウンロードされている心理学NLP無料レポートはこちらです。

人生とビジネスでステージを高める心理学NLPの秘密

心理学NLPの体験講座はこちらです。

NLP体験講座(東京・名古屋・大阪・福岡・オンラインで開催中)

すでに10720がダウンロードした
大人気の無料レポート
『人生とビジネスでステージを高める心理学NLPの秘密とは』

人生とビジネスをより豊かにする心理学NLP。

この無料レポートでは、心理学NLPを学ぶことで、
なぜ人生の結果が変わるのか?という疑問にお答えし、

さらに、ビジネスや人生の成功を
手に入れるために必要なNLPのスキルの中でも、
特に重要な6つのテクニックを公開しています。

  • ビジネスでより高い成果を上げたい!
  • コミュニケーション能力を上げたい!
  • 悩みや問題を解決したい!
  • 人間関係や仕事での問題を解決したい!
  • 自分のやりたいこと、人生の軸を明確にしたい!
  • 自分自身をもっと成長させたい!
  • トップセールスマンになりたい!
  • マネジメント能力を向上させたい!
  • 人間関係の失敗をなくしたい!

もしあなたが、上記のなかで
1つでも当てはまることがある場合は、
この無料レポートがきっとお役に立てることでしょう

今すぐ下記からダウンロードして、ご活用ください。

無料レポート