NLPについて知りたい、学びたい人のためのNLP総合ポータルサイト

NLP学び方ガイド(NLPとは)|資格セミナー総合情報サイト|協会 公式

> > ビジュアル・スウィッシュ

NLPワーク

ビジュアル・スウィッシュ

ビジュアル・スウィッシュ
過去の嫌な出来事のイメージを望ましいイメージへ変換させるテクニックです。
それにより、出来事から呼び起こされていた不快な感情を消去させることができます。


1.クライアントは過去の忘れたい嫌な体験や出来事を思い出す。
  その際、どのような感じがするか言語化する。

2.一度気持ちをリセットするために、電話番号など出来事と関係のない質問をする。(ブレイクステート

3.1の出来事が「こうであったらよかった」と思われる望ましい状態をイメージする。

4.望ましい状態を一枚の絵にして白黒にする。その絵を点になるぐらい遠ざけ、
  セラピストの右手にイメージする。
  1の出来事を一枚の絵にしてカラーにし、クライアントの目の前にあるセラピストの左手に
  イメージする。
  「シュッー」という掛声とともに、左右の手を入れ替える。その際息を吐き出す。
   
5.嫌な絵は白黒になり飛んで行くようにイメージする。
  望ましい状態の絵は、目の前に大きくカラーの状態でイメージする。

6.4~5を5回ほど繰り返す。

7.1の出来事を再び思い出し、1で感じた感覚との変化を言語化する。


ビジュアル・スウィッシュでは、イメージの位置や色などの記憶のサブモダリティーを変えることで、
記憶に付随した感情を変化させています。

ワークを行う際のポイントは、
・嫌な状態と望ましい状態の2枚の絵をはっきりイメージする。
・それぞれの絵の位置に注意し、距離を十分に取る。
・手を入れ替える速度を、早すぎず遅すぎない適切な速さで行う。
・クライアントは息を吐き出すときに、嫌なイメージを吹き飛ばすような感覚で息を十分に吐き出す。
ことに注意してください。


【ワークの手順に関するご注意】
簡単な紹介のため具体的に必要な手順について一部省略させていただいております。
詳細につきましては、NLPプラクティショナーコース にてご体験いただけます。