NLPについて知りたい、学びたい人のためのNLP総合ポータルサイト

NLP学び方ガイド(NLPとは)|資格セミナー総合情報サイト|協会 公式

> > アイ・アクセシング・エクササイズ

NLPワーク

アイ・アクセシング・エクササイズ

アイ・アクセシング・エクササイズでは、目の動きを行うことで、
過去の出来事や将来に対する不安などに対する印象を変換させるエクササイズです。

アイ・アクセシング・エクササイズは、
脳に整理された記憶や不安にアクセスする際の目の方向を利用し、
その方向を変化させることで、過去の記憶や不安などの感情を思い出しにくくするテクニックです。

特に、代表システム(VAKモデル)において視覚優位の方に効果があるとされています。


1.クライアントは、ちょっとした問題や不安、嫌な出来事などを思い出す。
  その時の体感覚や感情、イメージなどを言語化する。

2.セラピストはクライアントがどの代表システム(VAKモデル)を使っているか、目の動きを観察する。

3.セラピストは手を使ってクライアントの目の動きを誘導する。

4.将来、同じような出来事や不安をイメージした時にどのような感じがするか言語化する。


【ワークの手順に関するご注意】
簡単な紹介のため具体的に必要な手順について一部省略させていただいております。
詳細につきましては、NLPプラクティショナーコース にてご体験いただけます。