NLPについて知りたい、学びたい人のためのNLP総合ポータルサイト

NLP学び方ガイド(NLPとは)|資格セミナー総合情報サイト|協会 公式

> > ビジョンタイムライン

NLPワーク

ビジョンタイムライン

私たちは、過去、現在、未来を一つのラインで繋いでいます。
それをNLP (神経言語プログラミング)では、タイムラインと呼んでいます。
そして、そのタイムラインを歩くことで、過去の記憶や未来のイメージを体感することができます。

ビジョンタイムラインは、過去のリソースに満ちた感覚をアンカーすることで、
自分をリソースフルな状態にし、未来の夢を実現しやすくする効果があります。


1.現在地点、達成地点などのタイムラインを決めます。

2.未来の「夢・欲しい結果(アウトカム)」を明確にします。期限や数量などの数値データも設定します。

3.3つの質問をします。
 「その夢・欲しい結果は実現可能ですか?」
 「あなたは、それを実現する能力を持っていますか?」
 「あなたは、それを手に入れるのにふさわしい人ですか?」

4.現在地点から、もう一度「夢・欲しい結果(アウトカム)」を宣言します。

5.未来に向かって時間の流れを感じながら、達成地点と現在地点との中間地点まで歩きます。
  中間地点から見えるイメージや音、感覚などを詳しく確認します。

6.さらに未来に向かって歩き、達成地点で立ち止まります。
  「夢・欲しい結果(アウトカム)」を達成した状態を、イメージや音、感覚などで詳しく確認します。

7.前を向いたまま現在地点へ戻り、これから過去のリソースフルな体験を探しに行くことを告げます。

8.過去へ後退しながら、1つ目のリソースフルな体験の場所で立ち止まります。
  体験を呼び起こしながら、あたかも今起きているように体験を語ります。
  リソースフルな体験がピークに達する直前にアンカリングを行います。

9.さらに過去へと後退しながら、8と同様に2つ目・3つ目のリソースフルな体験を語り、
  アンカリングを行う。

10.アンカリングの状態を保ちながら、過去から現在に向かって歩き、3つのリソースを
  再び体験し結合する。現在地点へ到着したら、現在の状態を聞きます。

11.アンカリングの状態を保ちながら、さらに未来に向かって歩き、達成地点と現在地点との
  中間地点で立ち止まります。中間地点から見えるイメージや音、感覚などを再度確認します。

12.アンカリングの状態を保ちながら、さらに未来に向かって歩き、達成地点で立ち止まります。
  「夢・欲しい結果」を達成した状態を、イメージや音、感覚などで再度確認します。

13.「夢・欲しい結果」を体験している感じをあらわす言葉とポーズを、体験者自身が行い
  アンカリングします。

14.ワークを体験した後で「夢・欲しい結果」がどのように変化したか、ワークを通しての気づきや
  変化などを確認します。


【ワークの手順に関する注意】
簡単な紹介のため具体的に必要な手順について一部省略させていただいております。
詳細につきましては、NLPプラクティショナーコース にてご体験いただけます。